大人の発達障害

大人の発達障害について

発達障害とは、脳機能の発達が関係する生まれつきの障害で、生まれ持った発達上の特性によって、日常生活に困難を生じている状態を言います。
発達障害の代表的なものとしては、学習障害、広汎性発達障害、ADHD(注意欠如・多動性障害)などが挙げられます。

発達障害がある人は、一般に対人関係を形成するのが苦手です。その言動から「自分勝手」「変わった人」などと誤解されることがよくあります。一方で、優れた能力をもっていることも多く、そのアンバランスによって周囲からは余計に理解されにくいのです。

こうした特性をもつ人たちは、障害とは気づかれにくく、そのために必要なサポートを受けられずに困っていることが少なくありません。また、精神疾患と間違えられたり、「反省しない」、「努力が足りない」などの非難を受けたりして、ひどく思い悩むこともあります。

対人関係や社会性における問題のために、自己肯定感を持つことが出来ずに、うつ病や不安障害、対人恐怖症などを発症することもあります(二次障害)。

発達障害の大人に見られがちな特性

  •  忘れ物やミスがひどく多い
  •  上司や同僚らとのコミュニケーションがとれない
  •  提出物の期限が守れない
  •  大事なものを失くしてしまう
  •  仕事や家事の段取りが悪い
  •  自分を抑えられない
  •  空気が読めない
  •  音や臭いなどの感覚に関して、敏感だったり鈍感だったりする
  •  自分の習慣や手順へのこだわりがひどく強い など

発達障害の治療

大人の発達障害の場合、患者様の特性や状態に応じた治療をすることになります。対人関係の作り方の見直しやコミュニケーションスキルの指導、社会ルールの学習、日記指導などの方法がとられます。
また、うつ病などの二次障害がある場合は薬物療法が用いられることもあります。

f

BLOG

患者の気持ち

東京都医療機関案内サービス ひまわり

Doctor's File ドクターズファイル

品川区ドクターズ