月別: 2009年11月

2009/11/16

シゾイドとパラノイド

人間が何かを分かると言うこと、これは人間の認知・認識機構が働いた結果です。
知るということ、分かるということは現前です。
現前するのは現代思想では、対象に実体があるからではなく、現前を生じさせるようなメカニズムが働いているからです。
そのメカニズムは構造的に規定されます。
簡単にいうと何かと何かを関係付けること、くっつけることで人間は現前を生じ、何かを知ったり分かったりする感覚を得ます。
いったん現前が行われさらにそれに対して記号化が行われると、記号は記号界で働く新たな機能を獲得します。
記号はエクリチュール、テクストなどと呼ばれる世界の中で顕示的に様々な姿で現れたり、働いたり、変化したりしますが、一方でその背後には顕在化されないマトリックス構造もあり、これらが複雑な働きや変化をします。
このような知る分かるということについての現代思想的な見方の下では対象は固定的な実体性、本質性、たった一つの正しい意味のようなものは持ちません。
対象は見方によって考え方によって多重の意味を持ちしかもそれぞれの見方が矛盾することもあります。
対象をいくつものフレームワークを用いて見る見方を、複眼的、あるいは複対立的対象把握といいます。
複眼の数が多ければ多いほど、対象を分析するための(解体するための)ツールとしての独立した理論や考え方が多いということですが、それは高い次元で対象を見れるということです。

知る、分かるというのはそれに何か実体性、真理性、本質性を感じやすい出来事ですが、そういうものは現代思想ではないと考えます。
しかしある対象に対するある見方に固着しそれから離れられなくなってしまう状態をパラノイド的といいます。
何かと何かをくっつけてそれを話しにくくなります。
二次的にそれが正しいと思い込んだり謙虚になれなくなったり自分の知らないことを知れなくなったり対象に支配されてしまったりします。
知ったつもりになったり、分かったつもりになったりして、自分が知らないかもしれないという考えを忘れてしまいがちになるか、そう考えられてもそれに対する執着や拘りから離れられなくなります。
一方これとは違う方向性、現前が生じて知ったり分かったつもりになったあとでも、その対象をいろいろな考え方や角度から見て、その多義性を知ったり、自分の分かったつもりの構造を理解したり、それが変化しうることを知ったり、対象の単義性を解体したり、時に最初の分かったという感じの内容を解体してしまったり、そういうことができないまでも謙虚になれたり、自分が実はよく分かってない可能性を自覚できたりして、自分の分かったの構造をメタのレベルで相対化したり冷静客観的に見たり、現前した内容を操作や改造や作り直しできる傾向をシゾイド的といいます。

全体としてシゾイド的とパラノイド的は対義語的に用います。
人間が知ったり分かったりするのは健全な仕組みですが、その後知ったり分かったりした対象との関係が両者では変わります。

そもそも器質的に何かの現前、認識ができなかったり遅くなっていたり低下している場合にはこれはシゾフレニックといって内因性にこれが起こった場合、臨床の精神医学ではこれを統合失調症と診断します。
これもシゾイドと言えると思いますがこれは病気で、医療が必要とされる状態です。
スキゾ、パラノなどといって人間の思考傾向をこの軸で理解する見方はおそらく日本では80年代のニューアカデミズムの時代には各方面で広く行われていたようです。

2009/11/16

構造化について

構造化こそがドゥルーズの核心です。
現代思想の理解には構造の発見が必要です。
そして構造を必要に応じて解体できることで何かに支配されない見方を持つことができるというのが、現代主義では必要になります。
そういったことは比較的他の現代思想家で中心的な問題になっていることです。
ただ、構造の理解にいたった以上、我々はもう一歩先に進めるはずです。
関係性や構造などの仕組みについて理解することで我々は自分で構造を作り出すことができます。
構造を必要に応じて作り出すということ、これがドゥルーズ=ガタリが導入したことです。
構造を自由自在に生成し解体すること、それを無自覚にではなく自覚的にメタなレベルで理解し行うこと、これがドゥルーズ=ガタリの言ったことです。
この自覚と構造の仕組みや生成と解体の技術をしること、これがドゥルーズ=ガタリの核心であり、現代主義はこれをバックの見方として成立しています。
これはDeleuzismドゥルーズィズムと言えます。
現代主義者のかく生きるべきヴィジョンと言えます。

新たに構造を作ることのみならず、我々が対象を分析する際に行っているのも対象/情報の構造化です。
我々は対象/情報をいろいろな見方や考え方、いろいろな枠組みや切り口、いろいろな角度から眺めたりしますし、いろいろな既にある理論やフレームワーク、図式化、整理法を使って読み直します。
レクチュール(読解)というのはそれが行われた瞬間にもとの対象/情報を変質させます。
情報処理が行われたからです。
変換、新たな枠組みに対する対応付けや投射、加工、情報処理、なんといってもいいのですがこれらは全て構造化です。
一つの構造化しかできずかつそれに膠着してしまうとこれはパラノイドと呼ばれ、一つの対象/情報に対して多様な構造化を行うことで、どれか一つの構造化に捕らわれないでいられること、これをシゾイドといいます。

2009/11/15

“大脳皮質”?

大脳皮質というのは非常に使いやすい言葉です。
現前(認識、認知)や記号化、さらに記号操作は新皮質で特に連合野で連合的に行われているという見立てをするといろいろなことが、それが比喩的だとしてもしやすく思われます。
特に連合野を交通する線維は各領域を散在錯綜的に走っているとすると現代思想的精神分析などの象徴界的マトリックスのイメージとうまく重なるので、たとえそれが見立てにせよ、説明がしやすく分かったつもりになりやすいです。
ここでいう大脳皮質というのは一種の見立てです。
現代思想的認識論で語られるある種の機能を総称的に呼ぶ場合、いろいろ考えられるでしょうが”大脳皮質”というと何か便利で良くも悪くも使い勝手がいいという気がします。
まあ大脳皮質と呼ばず”A”と呼んでも何と呼んでもいいのですし、適当に言葉を作ってもいいのでしょうが。

2009/11/15

情報について

現代思想は一言で言うと情報処理の理論と言えます。

現代思想の認識論では、現代思想的な見方を用いた認知機構モデルと言えますが、これは純粋な差異からリアルな実体意識がどのように生まれるかを扱うもので、その途中段階で行われるのは情報の処理です。

コンピュータサイエンスではデジタルな情報がコード化され人間の感覚モダリティに合う形で表現されることによりリアルを現出させますが、それぞれの処理の過程は情報の変換、加工であり、それぞれの過程で決まったやり方で情報処理されていく過程です。

現代思想の認識論でも差異性から構造、現前、コード化、ディスクール、エクリチュール、リアル=実体意識性が生じるわけですが、やはりこれも何かの、情報の変換・加工の過程です。

ついでにいうと認知科学もちょっと似ていて、視覚系の情報処理機構などを見ると、視覚の情報処理というのは網膜から連合野に至るまで何段階もの情報の加工と変換を行っていきます。

最近言われるクオリア、仏教の明色や中観の空論(ナーガールジュナの空実の理論)などはいかに無機質な元の情報がヴァーチャルにリアルな実体感覚を持つということを主張しています。

変換、加工をまた別の表現で言うと対応、投射ということです。
これらは数学の言葉でもあります。

変換と加工、すなわち対応の関係を知ること、これは結局数学です。

関係するものの関係性を探求することは結局は数学に行き着きます。

数学は別に数の学問ではなく、構造の学問ですので万学は数学に帰るところがあります。

単に実体性の生成のみならず、我々が情報を分析するのは情報処理です。
ある一つの情報、あるいは情報群でもいろいろな考え方や見方があります。
いろんな方向から見ることができますし、いろんなフレームワークを使って分析することができます。
情報を加工、処理してあらたな情報を取り出すことこれを構造化ともいいます。
構造化するということはある法則性を当てはめた一貫した見方で対象を眺めることです。
もとの情報自体は構造化されている場合も構造化されていない場合もありますが、それをこちらが決めたある構造により処理することで元の情報はまた別の情報に変換されます。
検索エンジンによる情報の検索さえもまた情報処理といえ、また新たな枠組みによる情報の構造化であり、結果として情報が得られますが、もとの情報とは意味や質が変わります。

2009/11/09

文化というマトリックス

“文”という漢字はぶん、あや、もんなどと読みます。
ぶんというと言葉のイメージですが、あややもんという意味に力点をおいて”文化”という言葉を眺めるととても興味深い含蓄を持っているように思えます。
このようなイメージを持ってこの言葉を見る場合、文化というのは何かのマトリックスだということです。
これは文にぶんという言葉を含みこませた場合でも同じで、この場合はディスクール(言説)の集合が織り成すマトリックスです。
マトッリックスにより、関係性、構造、差異などが作られていきます。
このマトリックスはどの方向から見るかでいろんな名前が与えられています。
例えば、シミュレーション、エクリチュールなどです。

言説が、あるいは知識が加わるにつれて世界は複雑化し繰り合わせは増え、その言説により世界の切り口が増えていきます。
知識の集積は構造というかシステムを作ります。