職場ストレス

職場ストレスについて

厚生労働省の調査によれば、自分の仕事や職業生活に関して強い不安や悩み、ストレスを抱えている人の割合は、6割近くに上ります(平成19年「労働者健康状況調査」)。
職場ストレスは主に下記のようなものからなります。

人間関係によるストレス

職場の人間関係の問題は、今に始まったことではありません。
しかし、近年では成果主義の導入による助け合い精神の減弱、個人で行う仕事の増加などにより、新たなコミュニケーション上の問題が生まれ、いっそう深刻になっています。

仕事量・質の変化によるストレス

雇用形態の多様化や職場のIT化、技術の高度な発展などにより、仕事の量的・質的なストレスに苦しんでいる人が少なくありません。

雇用や将来への不安からくるストレス

かつての日本は、終身雇用や充実した社会保障にしっかり守られ、働く人は将来に向けて安心して暮らす権利を享受していました。しかし、90年代以降はそうした社会状況が崩れ、働く人は将来に対する不安というストレスをかかえるようになっています。

以上のような職場での人間関係、過重労働、将来への不安などによるストレスが原因となって不眠、抑うつ、朝なかなか起きられない、出勤時に吐き気を催す、疲れがとれない、などの症状が出る人が少なくありません。

職場環境が大きなストレスになっている場合は、主治医からの意見書などを会社に提出し、職場環境の調整をしてもらうことで、症状の改善につながることもあります。 職場ストレスによる症状に悩んでいる方は、早めにご相談ください。