双極性障害(躁うつ病)

双極性障害(躁うつ病)

双極性障害は、躁うつ病とも呼ばれる病気で、躁病相とうつ病相の両方の症状を繰り返す病気です。
躁病相の症状としては、睡眠時間が減って夜中の行動が多くなる、次々とアイデアが浮かぶ、爽快感や幸せな気持ちになる、カード等で高額な買い物をしてしまう、自尊心が大きくなる、誇大妄想が見られるなど感情の高揚を中心として、思考・意欲・行動の各面において抑制が効かない状態となります。
これに対し、うつ病相での症状は基本的にうつ病と同じ症状を呈します。

感情の起伏は誰にでもあり、幸せな感じがする時もあれば悲しい気分の時もあるのはごく自然なことです。嫌なことがあった時に落ち込んだり、楽しいことがあった時にウキウキしたりするのは当たり前で、病気ではありません。
しかし、周囲の方々が「ちょっとおかしいのでは?」と感じる程に気分の波が大きく、そのために迷惑を被ったり、ご本人が社会的信用を失うようなことがあれば、それは双極性障害かもしれません。

また、うつ病ではないかと思いながらも、極端に調子が良くなって活発になる時期がある場合は、双極性障害(躁うつ病)を疑う必要が考えられます。
加えて、うつ病と診断され治療を受けているにも関わらず、なかなか回復に向かわないような場合にも、一度診断を見直す必要があります。
当てはまる症状がある方や、他院様で受けているうつ病の治療が功を奏していないと感じている方は、 一度当院へご相談にお越し頂ければと思います。

尚、躁とうつの繰り返しを治療せずに放置していると、だんだん再発の周期が短くなっていきます。
躁状態ではご本人の気分が良いため治療を受ける気にならないことが多いのですが、そこに周囲の方々が気づいて早めに治療を開始することが望ましいと言えます。